1

「To Me CARD Prime」は東京メトロで利用できるPASMOでお得なクレジットカード。

PASMOで地下鉄に乗るだけで乗車ポイントが貯まる!

PASMOのオートチャージが可能なので電子マネーとしての利用も便利です♪

To Me CARD Primeの審査基準は?

To Me CARD Primeの審査は厳しくはありません。

申し込み資格:18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある人(学生可)

通学で東京メトロを利用する学生さんも取得可能。

配偶者に収入があれば専業主婦の方も問題なく審査に通ります。

毎日のように電車に乗る人用のクレジットカードですから、通勤・通学で利用する人がほとんどでしょう。

そういう方なら心配なく審査に通るはず。

JCBと三菱UFJニコス(VISA・MasterCard)から選べますが、どちらを選んでも審査の厳しさは感じないと思います。

スポンサードリンク



審査期間は?

審査期間は短く、即日で審査に通る人もいます。

ただPASMO一体型にするとカード到着までは時間がかかることがあるようです。

PASMO機能なしの方がカード到着は早い傾向があります。

それでもPASMO一体型で1週間くらいなので、そんなに気になるほど遅くはないはず。

せっかく毎日使うPASMOですから定期券購入前に申し込んで、良いタイミングで利用開始できると良いですね!

在籍確認・本人確認は?

クレジットカードに申し込むと会社に在籍確認の電話がくることがあります。

ただ過去にクレジットカードを使っていて問題なく利用しているなら電話がこないことが多いようです。

転職したばかりとかだと在籍確認の電話がくることもあるようですが、クレジットカード会社間で情報て筒抜けなんですね!

信用情報は共有されているらしいので、過去に申請した就業先が変わってると確認があるかも。

未成年の学生さんの場合は保護者の方に連絡がいくかもしれないので、ちゃんと報告してきましょう!

審査の口コミ

good在籍確認もなく翌日には審査完了!

goodショッピング枠が高めで審査合格!

good審査は早いけど、カード到着までに時間がかかった。

goodインターネットで審査合格は、確認できた。電話もなくすんなり審査通過。

bad多重申し込みで審査落ち…

bad5分ほどで否決メール!早い!!

bad過去にクレジットカードで迷惑をかけたことがあるので不合格でした…残念…

To Me CARD Primeの年会費は?

To Me CARD Primeの年会費は初年度無料。

2年目以降は2,000円(税別)ですが、年間カード利用金額が50万円以上なら無料にできます。

1ヵ月に換算すると42,000円。

東京に住んでいる人だと定期代で1~2万円くらいでしょうから、

オートチャージして、もうちょっと何か買い物に使うと無料っていうくらいですね。

家族カード

家族カードも初年度無料。

2年目以降はJCBが400円(税別)、ニコスは1,000円(税別)。

家族で利用すれば合算して年間50万円はいくでしょうから、そんなに気にしなくても良さそうかなぁ。

金額だけで比べるとJCBの方が断然お得ですが…

年間利用金額の目安で判断しましょう!

ETCカード

ETCカードは年会費無料で利用できます。

休日は車に乗ることもあるでしょうから、ETCカードを持っていると便利です。

年会費がかからないなら、とりあえず作っておくのもアリでしょう。

To Me CARD Primeの限度額は?

To Me CARD Primeの限度額は10万~100万。

学生さんなら限度額は10万円くらいですが、

パートやフリーターの方でも50万円前後。

会社員の方だと100万円とか最初から限度額が300万円!なんていう方もいるようです。

他社のクレジットカードに比べても限度額が高めに設定されることが多いようです。

PASMO定期券とオートチャージ以外にもたくさん利用できる限度額ですね!

ポイントについて

To Me CARD PrimeはPASMOを利用した東京メトロの乗車や買い物、定期券購入時に貯まる「メトロポイント」、

クレジットカード利用で付与される会社別の「Oki Dokiポイント」or「わいわいプレゼント」の

両方のポイントが貯まります。

メトロポイント

東京メトロの提供するポイントサービスで、PASMOの利用で貯まるポイントです。

乗車ポイント
※定期券面区間外
(1日1乗車のみ)
平日10ポイント
休日20ポイント
電子マネーポイント店舗200円=1ポイント
自販機100円=1ポイント
定期券購入1,000円=5ポイント
提携サービス利用5ポイント~

貯めたメトロポイントはPASMOにチャージしたり、他社ポイントやマイルに移行できます。

PASMO10ポイント⇒10円
ANAマイル1,000ポイント⇒600マイル
楽天スーパーポイント500ポイント⇒500ポイント
nanaco500ポイント⇒500ポイント

会社別ポイント

JCBを選んだ場合は「Oki Dokiポイント」、

VISA・MasterCardの場合は「わいわいプレゼント」と名称は違いますが

ポイントの貯まり方に違いはありません。

Oki Dokiポイント/わいわいプレゼント
基本ポイント1,000=1ポイント
ボーナスポイント年間
50~100万円
基本ポイントの10%加算
年間
100万円以上
基本ポイントの20%加算
ポイント期限2年間

定期券購入やオートチャージ分のポイントも貯まります。

定期券購入ならメトロポイントとの2重取りが可能!

公共料金や携帯電話代なんかもTo Me CARD Primeの支払いにするとポイントがどんどん貯まります。

ポイント交換はJCBとニコスで違いますが、他社ポイントなどへ移行できます。

To Me CARD Primeのメリットは?

PASMOオートチャージ

PASMOのサービスが充実しているTo Me CARD Prime。

オートチャージ機能があるので、改札を通るだけで自動的にチャージが完了!

改札をスイスイ通れます。

昔は券売機に並んで、路線図を見て切符の料金を確認していましたが、最近はそんなことしなくて済むので便利ですね♪

付帯保険

VISA・MasterCardには海外・国内旅行保険とショッピング保険が付帯です。

JCBには付帯保険がないので残念です。

ただ紛失・盗難時の保険はどちらにも付帯なので最低限の補償はありです。

キャッシングサービス

To Me CARD Primeにはキャッシング機能を付帯させることができます。

いざという時に頼りになるキャッシング。

海外ATMでも利用可能なので、付帯させて損はないでしょう。

ただキャッシング枠を付帯させると審査が厳しくなると言われているので、

審査に通るか心配な方は申し込まない方が良いでしょう。

その他のカード

To Me CARD(一般)

3
スタンダードなカードで年会費無料。

PASMO一体型は新規申し込みをしていません。

To Me CARD Primeの方がポイントも貯まりやすいので、To Me CARD(一般)のメリットは年会費だけ。

To Me CARD Primeも年会費無料にはできますから、To Me CARD Primeの方がオススメ!

To Me CARD PASMO(ゴールド)

4
To Me CARDのゴールドカード。

年会費は10,000円(税別)ですが、メトロポイントで優遇があり、

会社別サービスも手厚くなっています。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

2
To Me CARDとANAカードにPASMOが一体になった便利なカード。

年会費2,000円(税別)でANAマイルも貯まります。

普段は電車に乗ってるけど、出張や旅行で飛行機も利用するというならソラチカカードが良さそうです。

To Me CARD Primeの方がメトロポイントは優遇されているので、ソラチカカードはANAマイルを貯めたい人向け。

To Me CARD Primeの口コミは?

good高級感ただようデザインが気に入ってる。とてもオシャレ。

good一般のTo Meカードより断然お得!ポイントが貯まりやすいから毎日使いたい。

goodオートチャージ一体型はかなり便利。PASMOさえあれば電車にも乗れるし、ちょっとした買い物もできる。

goodメトロポイントとカード会社のポイントの両方を貯められて、ポイント好きには嬉しい♪

good毎月の定期代だけでもかなりポイントを貯められる。コンビニでもPASMO払いにするのがオススメ!

bad2区間定期券の場合はPASMO一体型に対応していない。

badJCBは評判が悪い…ニコスがオススメ(VISA・MasterCard)

badPASMO一体型なので、カードを落としたらオワタ…一括にまとめると便利だけどセキュリティは心配になる。自己責任かな?

badクレジットカードの有効期限が切れるとPASMOも使えなくなるから、早めの切り替えが必要。

badPASMOのオートチャージ設定に時間がかかる。